HOME > セサミって?[セサミストリートとは?]

セサミストリートとは

「セサミストリート」は、「子どもは社会全体の宝」「子どもたちの可能性がすべてに優先する」という理想のもと、子育て支援や教育に関する啓発・意識改革を行っていくことを目的に、米国でつくられた子ども向け教育番組です。

エルモ、ビッグバード、クッキーモンスター、オスカー、グローバーなどのジム・ヘンソンによるマペットと呼ばれる独創的なキャラクターたちと、ゴードン、スーザン、ボブ、マリアやルイスといったヒューマン・キャストと呼ばれる実際の人間の俳優のキャラクター達がニューヨークのとあるダウンタウンのストリートといった風情の「セサミストリート」を舞台に繰り広げる物語。

その理想とするところに忠実に、極めて教育的であるのと同時に、幼い子どもたちに飽きさせないで見せるための工夫の数々がエンタテインメントとしての質の高さ、面白さ、アートやユーモアとしての質の高さに昇華されています。
また、その時期毎のアメリカを代表するタレントやスポーツ選手、その他各界のセレブリティーがゲストとしてエルモはもちろん色んなマペットたちと共演してきたことも見逃せません。

エルモ、ビッグバード、クッキーモンスター、オスカー、グローバーなどのジム・ヘンソンによるマペットと呼ばれる独創的なキャラクターたち

そんなわけで、1969年アメリカで誕生して以来、46年にわたって150以上の国と地域で愛され続けています。

世界で最も有名な教育プログラムのひとつとされ、2015年までに世界の放送業界で権威と歴史のあるエミー賞を164個も受賞しています。これはテレビ番組の受賞数の最多記録として知られており、毎年新たな複数の受賞によって記録を更新し続けています。

詳しくはHISTORYへ

日本でのセサミ

日本では1971年にNHKでの放映が始まりました。その後一時中断したりもしましたが、2004年の3月までアメリカ本国のオリジナル版の放映が続きました。その間30年以上にも亘って日本の人々はアメリカ本国の子どもたちと同じものを視てきたのです。
そんな経緯からハイティーンからヤングアダルトにいたる広範なユーザーが形成するキャラクター市場を有する日本においては、アメリカンポップカルチャーの香りがするキャラクターとして番組本来の視聴層とは別に、キャラクター雑貨市場を中心にハイティーンからヤングアダルトの女性のファン層が形成されてきたのです。

そして、2004年10月から3年間、世界の20カ国以上で行われてきたその国の子どもたちが置かれている環境と問題点に合わせた共同制作版の番組制作と放映が日本でも行われたのです。放映したTV局はテレビ東京でした。